香道・薫香の用語解説

香り用語のジャンル:お香の歴史


佐々木道誉

ささきどうよ


(用語解説)
佐々木高氏(道誉)(1296-1373)は
鎌倉末・南北朝時代の武将。
1326年に佐々木道誉と号す。
建武以来終始、足利尊氏にしたがい幕府成立に大功があった。
婆沙羅の人と言われ、連歌や茶をさえ、乱暴者であったが、
大陸趣味におぼれ、唐物(中国の絵画・工芸品・織物)など
費用を惜しまず集めた。

香木もそのうちの1つで、
初期における香木の大収集家でもあった。
道誉所得のものには、香銘があり、伝来している。


<関連 商品URL>
http://www.aroma-taku.com/product-list/24



お香用語集ページへ戻る




お香とアロマの香りの雑学ページ>
http://www.aroma-taku.com/page/9


お香(HOME↓クリック)
お香通販専門店 石川金沢|アロマ香房焚屋
お香通販専門店 石川金沢|アロマ香房焚屋