△夏△-小暑-7月上旬

お香やアロマの目的シーン別のジャンルです。
だんだん暑さが増していくという意味で、梅雨明けも近くなり、湿っぽさの中にも夏の熱気が感じられるようになります。海や山に出かけるのにもいい時期です。また、小暑と大暑を合わせたおよそ1か月を「暑中」といい、「暑中見舞い」を出す期間とされています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0