官能の香料 麝香

麝香


麝香(じゃこう)は雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる
分泌物を乾燥した香料です。

別名ムスク(musk)とも呼ばれる。
主な用途は香料と漢方薬の原料としてであり、麝香の産地であるインドや中国では
有史以前から薫香や香油、漢方薬などに使用されていたと考えられている。

アラビアでもクルアーンにすでに記載があることからそれ以前に伝来していたと考えられる。
ヨーロッパにも6世紀には情報が伝わっており、12世紀にはアラビアから実物が
伝来した記録が残っている。

甘く粉っぽい香りを持ち、香水の香りを長く持続させる効果があるため、
香水の素材として極めて重要であった。 また、色々な効果を持つとされ、
六神丸、奇応丸、宇津救命丸、救心などにも使用されている。

中医学では、専ら天然の麝香が使用されるが、
輸出用、または安価なものとして合成品が使われることもある。

麝香はかつては雄のジャコウジカを殺してその腹部の香嚢を切り取って乾燥して得ていた。
香嚢の内部にはアンモニア様の強い不快臭を持つ赤いゼリー状の麝香が入っており、
一つの香嚢からはこれが30グラム程度得られる。 これを乾燥すると
アンモニア様の臭いが薄れて暗褐色の顆粒状となり、漢方薬等にはこれをそのまま、
香水などにはこれをエタノールに溶解させて不溶物を濾過で除いたチンキとして使用していた。

ロシア、チベット、ネパール、インド、中国などが主要な産地であるが、
特にチベット、ネパール、モンゴル産のものが品質が良いとされていた。
これらの最高級品はトンキンから輸出されていたため、トンキン・ムスクが
ムスクの最上級品を指す語として残っている。

麝香の採取のために殺されたジャコウジカはかつては年間1万から5万頭もいたとされている。
そのためジャコウジカは絶滅の危機に瀕し、絶滅のおそれのある野生動植物の種の
国際取引に関する条約(ワシントン条約)によりジャコウの商業目的の国際取引は
原則として禁止された。 現在では中国においてジャコウジカの飼育と飼育した
ジャコウジカを殺すことなく継続的に麝香を採取することが行なわれるようになっているが、
商業的な需要を満たすには遠く及ばない。 そのため、香料用途としては合成香料である
合成ムスクが用いられるのが普通であり、麝香の使用は現在ではほとんどない。

麝香の大部分はタンパク質等である。 麝香のうちの約10%程度が有機溶媒に可溶な成分で、
その大部分はコレステロールなどの脂肪酸エステル、すなわち動物性油脂である。
この他に男性ホルモン関連物質であるアンドロスタン骨格を持つ化合物が含まれている。
甘く粉っぽい香りの本体は大環状ケトンの一種であるムスコン(3-メチルシクロペンタデカノン)で
有機溶媒に可溶な成分のうちで最大20%程度含まれている。
そのほかに微量成分としてムスコピリジンなどの大環状化合物が多数発見されている。

麝香の麝の字は鹿と射を組み合わせたものであり、射は麝香の香りが
極めて遠方まで広がる拡散性を持つことを表しているとされる。
ジャコウジカは一頭ごとに別々の縄張りを作って生活しており、
繁殖の時期だけつがいを作る。 そのため麝香は雄が遠くにいる雌に自分の位置を
知らせるために産生しているのではないかと考えられており、
性フェロモンの一種ではないかとの説もある。一方、英語のムスクはサンスクリット語の
睾丸を意味する語に由来するとされる。 これは麝香の香嚢の外観が
睾丸を思わせたためと思われるが、実際には香嚢は包皮腺の変化したものであり睾丸ではない。

その他のの麝香、ムスク
ジャコウジカから得られる麝香以外にも、麝香様の香りを持つもの、
それを産生する生物に麝香あるいはムスクの名を冠することがある。
霊猫香(シベット)を産生するジャコウネコやジャコウネズミ、ムスクローズ
やムスクシード(アンブレットシード)、ジャコウアゲハなどが挙げられる。
また、単に良い強い香りを持つものにも同様に麝香あるいはムスクの名を冠することがある。
マスクメロンやタチジャコウソウ(立麝香草、タイムのこと)などがこの例に当たる。
 

お香の原料

ムスクのお香


 

お香とアロマのDEEPな雑学アロマ香房焚屋